中日本航空株式会社奨学訓練生制度


2021年・ 第9期奨学訓練生 中日本合同会社説明会は全て終了しました。

奨学金制度の内容


中日本航空株式会社が同社の指定養成校である、日本フライトセーフティ(株)の自家用操縦士受験B コース(自家用操縦士回転翼単発タービン)卒業の資格取得者で、 試験により選抜された者(奨学訓練生)に対し、事業用操縦士回転翼単発タービンの資格取得にかかる訓練費用と生活費等付随費用として1千万円を貸与します。

 

同資格を取得後、中日本航空株式会社に入社し、回転翼操縦士として10年間勤務することにより返済は実質的に免除されます。

必要条件


  1. 日本フライトセーフティ株式会社において自家用操縦士回転翼単発タービン取得
  2. 第1種航空身体検査基準に合致
  3. 年齢26歳以下(2021年4月1日現在)
  4. 高等学校卒業以上

 

注: 第9期生は2021年10月頃の第9期奨学訓練生選抜試験までに日本フライトセーフティ株式会社の自家用操縦士Bコース(約4ヶ月間)の訓練コースを修了している必要があります。

奨学訓練生募集から入社までの流れ


日本フライトセーフティ入校及び自家用操縦士Bコース訓練受講開始

2020年12月~2021年4月末頃までにスタート

[自費による取得(当初自家用免許海外訓練部門のみ)]

訓練期間(国内1か月+海外3か月+学科試験等) 

自家用操縦士技能証明回転翼取得(NFS自家用操縦士Bコース修了者)

奨学訓練生選抜試験

2021年10月頃を予定(学科、面接及び実地試験)

事業用操縦士技能証明回転翼取得訓練受講開始

2021年11月以降約10ヶ月間

[奨学金による取得(以後事業用免許国内訓練部門)1千万円補助]

事業用操縦士技能証明回転翼取得

中日本航空株式会社採用試験

2022年10月頃を予定(一般常識の筆記、面接及び実地試験)

中日本航空株式会社入社:2022年10月頃を予定

 


応募書類


  1. 履歴書:手書きで志望理由まで丁寧にご記入下さい。
  2. 航空経歴書:用紙はNFSにございます。鳳文書林でも販売しています。
  3. 自家用操縦士[回転翼]免許の写し(FAA免許切替未了の方はFAA免許の写し)
  4. 第2種航空身体検査証明書及び申請書の写し(FAA免許切替未了の方は操縦練習許可証及び申請書)
  5. 自己申告確認書

 

注) 航空身体検査の受診方法がわからない等、応募書類についてご不明な点は日本フライトセーフティ株式会社までお問い合せ下さい。

 

※応募書類、締切は。10/13(水)必着

 

送付先:

日本フライトセーフティ株式会社 中日本航空奨学訓練生応募受付係 /

第9期生 募集合同会社説明会(終了)


合同説明会の日程は次の通りです。また毎月第一土曜、第三日曜の通常の訓練説明会でも、この制度のご案内をしますので、ご確認ください。

 

第1回 2021年1月17日(日)オンラインZOOMによる説明会(終了)

第2回 2021年2月21日(日)オンラインZOOMによる説明会(終了)

最終回 2021年3月28日(日)日本フライトセーフティ(東京ヘリポート)

いずれも午後1時~4時頃まで

 

当日は中日本航空株式会社 運航部、総務部より直接の会社説明があります。入社後の業務内容や待遇についても説明があり、DVD上映、会社案内グッズ等パンフレット配布もあります。日本フライトセーフティによる操縦訓練説明、東京ヘリポートまたは名古屋空港見学、格納庫、ヘリコプター実機見学も同時開催します。

 

参加は無料、会場の都合により事前予約が必要です。

 

 ヘリコプターによる体験搭乗会は希望者のみ実費10,000円{税込)の特別優待価格にて当日参加者限定で、東京上空にヘリコプターでお連れします。ご希望の方は予約申込時に同時申込下さい。(オンラインZOOM説明会ではできなかったものです。緊急事態宣言再延長により3/28に変更して実施します。) 

 

最終の説明会は対面で行うため3/28(日)に変更となりました。定員がありますので、お早めにお申し込み下さい。