エアラインパイロットになるには


エアラインパイロットが不足しています


日本の主要エアラインでも団塊世代の大量退職に伴い、2007年以降、エアライン・パイロットが不足する事態が生じていることが、国土交通省のまとめで明らかになりました。

 

 国土交通省では2007年頃から数年間は毎年200名を越える退職者が発生すること、また今後の航空需要の増大予想からも、毎年400~500名の操縦士確保が必要であるとしています。

 

エアライン・パイロットの供給における民間飛行学校出身パイロットの採用はここ数年飛躍的に増大しています。

現在、ご自身でライセンスを取得し、プロの飛行機パイロットになる方法


1.海外訓練で1費用を抑え、まず最初に180時間の飛行時間(詳細な規定あり)で自家用ライセンス、多発限定、計器飛行証明を取得し、無線資格等を取得する。

*日本フライトセーフティでは上記1.のコースのみ対応しております。

 

2.上記訓練の後、国内で日本の事業用ライセンスまで取得し、JALグループやANAグループの他、スカイマークやピーチ等が行う採用試験にチャレンジする。また、海上保安庁の有資格操縦士要員募集、小型機運航事業会社等にチャレンジすることも可能です。(一部下記計器訓練が必要です)

 

3.さらに上記訓練の後、日本の計器飛行証明まで取得すれば、有資格操縦士を募集するすべてのエアラインのパイロット採用試験にチャレンジできます。