訓練飛行 総合案内ページ

エアライン・ヘリコプターのパイロット・スクール NFS

今、NFSが選ばれる理由

 

日本フライトセーフティは、平成元年、次世代の優秀なパイロットを日本の空に供給するために設立されました。 以来31年間にわたり、多くの卒業生が、エアライン、ヘリコプター運航事業会社、警察航空隊、消防航空隊、海上保安庁、民間ヘリ所有会社等で活躍しています。

 

昨今は、パイロット不足による運航制限が起きるなど、人材不足が大きな社会問題となってきました。エアラインもそうですが、公共性の高いドクターヘリ、消防・防災ヘリ等の操縦士不足は大きな問題であり、国も平成27年には6省庁による関係省庁連絡会議を発足し、その対応を協議しております。

 

日本フライトセーフティは、操縦士養成を設立から主業務としてやってきた経験と責任から、ヘリ大手2社の朝日航洋株式会社中日本航空株式会社と連携して奨学金による新人養成を平成25年よりスタートさせています。優秀で若い人材を必要とするヘリ事業会社と費用の面で諦めていたパイロットを熱望する人とが双方メリットを受けられる画期的な制度です。

 

すでに6年の就職実績は、ぜひフライトスクール説明会でご確認下さい。